蓄電池と売電の関係性

MENU
スポンサードリンク

蓄電池との併用で売電単価が下がる

太陽光発電と蓄電池を併用していると、売電の単価が下がる可能性があります。これは、蓄電池を導入することにより押し上げ効果が認められ、W発電とみなされるからです。

 

押し上げ効果

夜間等の電気料金の安い時間帯に蓄電池に充電して昼間に放電することで、太陽光で発電した電力の使用量を減らし、余剰分(売電可能分)を増やす(押し上げる)事。

 

太陽光発電+蓄電池の押し上げ効果のイメージ

 

太陽光の発電量・自己消費分は変わらないのに、売電分が増えてしまう(押し上げてしまう)ので売電単価が通常の余剰売電よりも低く設定され、公平感を保っています。

 

太陽光発電のせっかくのメリットである売電が減ってしまうことに抵抗を感じる方も多く、充放電をコントロールし、太陽光で発電している間は蓄電池の放電をしないと設定できる蓄電池も増えています。

 

このような場合は『押し上げ効果ナシ』となり、通常の売電単価が適用されます。

太陽光発電と蓄電池

法人向けで需要増

家庭用の太陽光発電は今までは売電するのみの構成が多かったのですが、震災後蓄電池の導入を模索されている方が増え、特に法人・公共施設において急増しています。

 

それに付随し、各メーカー、ゼネコンが法人向け用に蓄電池を提供し、それに続けて、家庭用向けにも進出してきました。

発電・売電とも、効率悪化

売電と蓄電池では別々の機能としての解説になってしまいますが、技術的には蓄電池が売電に多少の効率を落とすような仕組みとなります。

 

売電についてくわしくはこちら>>>初心者でもわかる売電の仕組み

 

普通に蓄電池を入れずに太陽光発電システムを導入する場合と蓄電池+太陽光発電を導入する場合とでは、蓄電池を導入する方が発電効率は悪くなり、同時に売電効率も悪くなります。

 

これは各メーカー、施工業者いずれも正確な回答をしないところになりますので、参考程度に認識しておくといいかもしれません。

 

貯めた電気は売れません

ちなみに現在の家庭用蓄電池では蓄電池に貯めた電気を系統系の電源へ売電することはできません。ですので太陽光から貯めた電気については使用してもらうしかありません。

ナゼ発電効率が落ちる?

 

発電効率については蓄電池側、パワーコンディショナー側のシステムが大きい、または複雑な程発電効率は悪くなります。

 

 

パワコンの充放電制御が原因!

パワーコンディショナーはそれ自体の電力消費が大きくなってしまいます。

 

蓄電池が大きくなる場合、パワーコンディショナで電圧の変換、充放電の制御を行うために、微小ですが、電力消費が増加してしまいます。

 

蓄電池を導入していなくてもパワーコンディショナ自身は電力消費をしていますが、蓄電池を導入する場合、パワーコンディショナ内で余計に充放電制御が行われるため、この分の電力消費もあります。

 

太陽光パネルにも影響アリ!

パワコンで充放電制御を行わないと、特に夜中に太陽光パネルから電気が放電してしまう現象が起こってしまいますので、注意が必要です。

2016年度(平成28年度)の売電単価と蓄電池の今後

家庭用の売電単価(10kw未満)

<関東・関西・中部>

  • 余剰電力・・・・・・・・・・31円/kwh
  • W発電・・・・・・・・・・・25円/kwh

<北海道・東北・北陸・中国・四国・九州・沖縄>※出力制御対応機器の設置義務あり

  • 余剰電力・・・・・・・・・・33円/kwh
  • W発電・・・・・・・・・・・27円/kwh

 

平成28年度は買取価格(売電単価)が31〜33円/KW(蓄電池アリの場合はW発電とみなされ25〜27円/KW)となっています。

 

今後も家庭用については単価の値下がりがほぼ確定していますので、蓄電池のメリットもある程度は受けられるのではないかと思います。

 

法人・企業向けの売電単価(10kw以上)

 

  • 全量売電・・・・・・・・・・24円+消費税/kwh

 

法人向け、発電所向け等の買取単価(売電単価)については非住宅用のスケールの小さいもの(50kw未満)が予想を上回って投資が進んでいることや、買取にかかる費用の増大等が問題視され、引き下げ幅が大きいです。

 

法人向けの太陽光発電で蓄電池を使うということについては売電のメリットが小さくなる分、非常用電源の確保、光熱費削減等でのメリットが重視されてきています。

全国無料!家庭用蓄電池の公式一括見積もりサイト