蓄電池の訪問販売が徐々に増えています。

MENU
スポンサードリンク

蓄電池と訪問販売の実情

蓄電池の訪問販売ですが、今までは家庭用の蓄電池が普及しておらず、法人間の取引がほとんどでした。

 

しかし、補助金交付が始まり各家庭でも蓄電池への関心が高まったことを受け、太陽光発電とセットやオール電化・エコキュートの工事と一緒になど、蓄電池の訪問販売が見受けられるようになってきました。

 

話題になっているが専門的な知識が必要、すぐに効果が実感しにくい・・・このような商品は、悪徳な訪問販売が狙いやすい商品と言えます。そして、蓄電池はバッチリこの条件に当てはまります。

 

もちろん、まじめに飛び込み営業として行っている業者も多くありますが、見極めはなかなか難しいのが現実です。

 

また、蓄電池に限らず、太陽光発電の訪問販売に関しては「実態は只の営業するだけ」の会社ということが多く、ピンハネされて電気工事店などに発注される流れになります。

蓄電池+太陽光orオール電化の提案が多い

販売形態の多様化

2015年、一般家庭への訪問販売についてはだんだんコストに合わなくなっています。

 

2000年中盤辺りまではよくある販売形態でしたが、家電販売店が太陽光発電を取扱いはじめたことから窓口が増え、より販売店の価格競争が強くなりました。

 

太陽光発電のみでの勝負が厳しいため、【蓄電池+太陽光】、【蓄電池+オール電化】で勧められることが増えてきました。

 

長く付き合える販売店を選ぶ

太陽光発電や蓄電池は、導入後のメンテナンスを含めた付き合いが大切になってくる商品です。

 

『訪問販売は高い』のイメージがあると思いますが、価格以外の面でも信頼できる業者を見つけることが大切です。

販売業者別の注意点

日本の家庭用太陽光発電関係の会社として

業者名

注意点

機器メーカー

大型商品の販売が多い

施工店

施工技術に差があり、屋根に傷をつける業者がいる(雨漏りの原因)

機器販売

設計をしっかりせずに必要以上に機器を売ってくることがある

訪問営業

しつこく営業してくる販売員もいる

 

 

各業者ごとに特徴が違うので自分にはどの業者が肌に合うのかこの一覧から検討してみるといいかもしれません。

 

 

蓄電池と太陽光発電のトラブル回避法

相場を知ることが大切

太陽光発電や蓄電池は、以下の方法で比較検討するのがトラブルが少ないのでおすすめです。

 

  • 近くの電気工事店にある程度の値段はかかってもいいので施工してもらう
  • 家電量販店などでの販売
  • 無料の一括見積りを利用してじっくりと比較・検討する

 

太陽光発電の現在の相場は1kwあたり30万円半ばですのでその相場から大きく外れて提案してくる場合には費用詳細を詳しく聞くことが大切になってきます。これは相場から高くても低くても気にした方がいいところです。

 

蓄電池も一括見積りが有効

太陽光発電の一括見積りは非常に浸透してきていますが、蓄電池ではまだ少ないのが実情です。

 

しかし、蓄電池も太陽光発電と同じく、各家庭ごとに【求めるもの=理想】が違います。

  • 光熱費の削減を重視するのか
  • 災害や停電の時、どの程度の安心を求めるのか
  • 使用したい機器の優先順位は?そのために必要な容量は?

このような疑問や不安を解消し、最適な機器を導入するためには、やはり専門家の意見が非常に大切になってきます。
それも、1人より2人・3人と、多くの意見を聞くほど、より自分の求める理想の形がハッキリするものです。

 

相見積もりにより自然な価格競争が起こり、なおかつ複数の専門家の意見を聞くことができるので、一括見積りは非常に有効な手段だと考えます。→詳しくはこちら

蓄電池はあくまでオプション?サポートは望み薄

蓄電池のサポートについては現在ほとんど無い状態です。

 

また、今後においてもサポートについては、あまり重要視せずにオプション品として販売する方向の施工建築業者が多いです。

 

リチウムイオン蓄電池はサポート不要?

現在家庭用で主流となっているリチウムイオン蓄電池は、そもそもメンテナンスフリーのため、サポート自体が不要とも言えます。

 

ただし、やはり工業製品である以上、不良品の存在も否定できません。

 

故障・不良品の場合に備え、蓄電池購入の際は各メーカー保証をよく確認し、必要であれば別途有料保証も検討したほうがよいでしょう。

全国無料!家庭用蓄電池の公式一括見積もりサイト