蓄電池の理想価格と実際の相場

MENU
スポンサードリンク

太陽光発電ユーザーの蓄電池への興味と理想価格

アンケート結果

 

 

太陽光発電業界大手のタイナビが、利用者約350名へアンケートを行った結果、全体の71.4%が興味があると回答しています。太陽光発電を設置している多くの世帯は、蓄電池にも非常に関心が高いことがわかりました。

 

 

 

アンケート結果によると実に2/3が蓄電池の理想価格は50万円〜100万円としています。

 

 

アンケートから浮かび上がったユーザーが理想とする蓄電池

  • 太陽光との連係ができること
  • 理想価格は50万円〜100万円
  • 工事等不要で移動が可能なポータブルタイプ
  • 置き場所に困らないコンパクトサイズ
  • ただし停電時にしっかりと必要な電力を確保できる容量

 

これらの条件を満たせば、まさに最強の蓄電池と言えそうです。

実際の蓄電池の理想価格と相場価格

理想価格

実際の相場価格

50万円〜100万円

150万円〜200万円以上

 

理想価格と実際の相場価格には実に「50万円以上の差」があります。

 

100万円以内の蓄電池も販売されていますが太陽光発電との出来なかったり、容量が小さかったりと、かゆいところに手が届かない場合がありました。このため蓄電池の導入を検討しても結局は購入を諦める方が非常に多く存在します。

リチウムイオン蓄電池が70万円台

2.9kwhの容量があり、非常時には太陽光との連係が可能で工事不要のポータブルリチウムイオン蓄電池が70万円台で購入できるとしたらほぼ理想の蓄電池ではないでしょうか。

 

蓄電池についてのアンケートを実施したタイナビがユーザーの希望を満たす蓄電池として販売開始した蓄電池「Power DepoU(住友電気工業)」です。

 

 

機器保証1年間・容量保証8年間がつき、理想圏内の税別77万円ですが、限定200名で70万円(税別)のキャンペーンも実施中なので蓄電池を検討されている方は、とりあえず確認・問い合わせをする価値があると思います。

 

>>>蓄電池を探すならコチラ

全国無料!家庭用蓄電池の公式一括見積もりサイト